藍海松茶/Aimirucha/#56564B/

藍海松茶Aimirucha

色の名前Japan Color Name藍海松茶(あいみるちゃ)
ローマ字RomanizedAimirucha
RGB R:086 G:086 B:075
CMYK C:00 M:00 Y:13 K:66
Web カラーHex triplet#56564B

色の説明

藍海松茶(あいみるちゃ)とは、濃く黒ずんで藍みを帯びた茶色のことです。海松と茶という二つの流行色名を色名ですが、『愚雑俎(ぐざつそ)』に「今あいみる茶といふものは、素みる茶に藍をかけし色なれば」と書かれています。元文(一七三六〜四一)の頃、男子の小袖に、また宝暦(一七五一〜六四)の頃には麻裃にこの色が流行したと伝えられています。

-読み:あいみるちゃ-

「男女衣服流行の染色<略>元文の頃丈長く袖少し大く御服袖口とて針かず少なく縫ゆき長く黒袖べり色は 檳子くり梅藍みる茶木賊色」

『嬉遊笑覧』喜多村信節。文政十三年(一八三◯)。

関連色:茶色海松

[Explanation of a color]

The Aimirucha, It is a brown-tinged indigo taste in dark black. The color name of the fashionable color name of two of tea and see, but it is written “What Toiu tea to try love now, becomes color Shi multiplied by the indigo to tea to see original” and the “foolish miscellaneous altar of sacrifice”. It is said this color was popular in the hemp kamishimo the time of treasure calendar days of the original statement, also, in the men’s short-sleeved kimono.

-read:Aimirucha-

藍海松茶

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:四十八茶百鼠江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「藍海松茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果5件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る