青鈍/Aonibi/#324356/

青鈍Aonibi

色の名前Japan Color Name青鈍(あおにび)
ローマ字RomanizedAonibi
RGB R:057 G:067 B:086
CMYK C:90 M:80 Y:60 K:15
Web カラーHex triplet#324356

色の説明

青鈍(あおにび)とは、薄く墨色がかった青色のことです。青色につるばみなどの墨系の染料を掛け合わせ鉄で媒染した色。平安時代には橡と同じく凶色として、喪服や僧尼の衣の色に用いる色とされました。同時代の王朝文学のなかで、墨染、薄墨とともに無彩色系の色を表わすのに使われていた色名が鈍色 にびいろです。

-読み:あおにび-

「空蝉の尼君に、青鈍の織物、いと心ばせあるを見付けたまうて、
 御料にある梔子の御衣、聴し色なる添へたまひて」

『源氏物語』「玉鬘」紫式部。

関連色:、墨色、墨染、薄墨、鈍色

[Explanation of a color]

The Aonibi, it is a blue-tinged black color thin. Color was mordanted in iron multiplied by the dye ink system, such as horse chestnut in blue. It has been the color of evil as color, is used for the color of the clothes of mourning and monks and nuns as well as horse chestnut in the Heian period. Among the literary dynasty of the same age, color name had been used to represent the color of the achromatic Sumizome, with Usuzumi is dull color.

-read:Aonibi-

青鈍

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:喪服の色平安の色染めの色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「青鈍」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る