浅葱鼠/Asaginezu/#94A8B0/

浅葱鼠Asaginezu

色の名前Japan Color Name浅葱鼠(あさぎねず)
ローマ字RomanizedAsaginezu
RGB R:148 G:168 B:176
CMYK C:30 M:00 Y:11 K:30
Web カラーHex triplet#94A8B0

色の説明

浅葱鼠(あさぎねず)とは、曇天の空の色に近い青緑色をおびた渋い鼠色のことです。 色名は文字どおり『浅葱色 あさぎいろ』がかった『鼠色 ねずみいろ』に由来しており、鼠色が流行した江戸時代に生まれた色名です。

浅葱鼠は鼠色の系統ですが、色合い的には鼠色がかった浅葱色というほうが近く、『錆浅葱 さびあさぎ』より彩度が低い色合いになります。

江戸時代は鼠色が大流行しましたが、「浅葱」が付く色名も数多く生まれました。『水浅葱 みずあさぎ』『花浅葱 はなあさぎ』『鴇浅葱 ときあさぎ』『薄浅葱 うすあさぎ』などの色も同時代に派生した色です。

-読み:あさぎねず-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Asaginezu, is a bitter gray tinged with blue-green close to the color of the sky of cloudy weather. Color name is literally comes from the “Asagi-iro” tinged “Nezumi-iro”, color names Nezumi-iro was born in the Edo era was popular.

Asaginezu is a system of Nezumi-iro, in the shade basis nearby is better that Nezumi-iro tinged Asagi-iro, saturation than “Sabiasagi” will be the low shade.

Edo period was the rage is Nezumi-iro, but was born many also color names “Asagi” stick. Color, such as “Mizuasagi”, “Hanaasagi”, “Tokiasgi” “Usuasagi” is also a color that is derived in the same period.

-read: Asaginezu-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「浅葱鼠」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る