紅檜皮/Benihihada/#7B4741/

紅檜皮Benihihada

色の名前Japan Color Name紅檜皮(べにひはだ)
ローマ字RomanizedBenihihada
RGB R:123 G:071 B:065
CMYK C:00 M:42 Y:47 K:52
Web カラーHex triplet#7B4741

色の説明

紅檜皮(べにひはだ)とは、樹皮を剥いだ時のような赤褐色のことです。檜皮は檜、杉などの樹皮のことで、檜皮色は赤褐色を指します。庶民のための染色なので、楊梅や蘇芳などが使用されたとされています。ちなみに同じ手法で染める紅鳶にくらべて紅染めを1回多くしており、その分、色調が濃い目になります。

-読み:べにひはだ-

「けんぼくろちやになにはえの、よし吉岡にべにひわだ、
 ほさぬそでだにあるものを」

『落葉集』歌謡集。大木扇徳編。元禄十七年(一七◯四)刊。

関連色:赤褐色紅鳶蘇芳檜皮色

[Explanation of a color]

The Benihihada, It is a reddish brown like when you stripped the bark. Cypress bark by bark of Japanese cypress, such as cedar, cypress skin color refers to reddish brown. It is because it is staining for the common people, such as sappanwood and Yangmei has been used. By the way, we have one more a red dye as compared to Benitobi be dyed in the same manner, the minute, it is the eye color is dark.

-read:Benihihada-

紅檜皮

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色浮世絵の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「紅檜皮」関連の商品

楽天市場での商品検索結果2件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る