紅掛空色/Benikakesorairo/#8491C3/

紅掛空色Benikakesorairo

色の名前Japan Color Name紅掛空色(べにかけそらいろ)
ローマ字RomanizedBenikakesorairo
RGB R:132 G:145 B:195
CMYK C:32 M:26 Y:00 K:24
Web カラーHex triplet#8491C3

色の説明

紅掛空色(べにかけそらいろ)とは、かすかに紅がかった淡い空色のことです。色名は、藍で空色に下染した上に紅花で染め重ねる染色法から生まれました。別名「紅碧 べにみどり」。ちなみに、通常「碧」は緑色を指しますが、「紅碧」の場合は空色を指します。また、同じように二つの染料をかさねたものに淡い紫系の色で「二藍」と鮮やかな青紫の「紅掛花色」などがあります。

-読み:べにかけそらいろ-

関連色:空色、紅碧、二藍紅掛花色、紅花歩唯

[Explanation of a color]

The Benikakesorairo,it is a pale sky blue to red tinged faintly. Color name was born from staining overlaying dyed with safflower on you Shitasome in sky blue with indigo. Also known as “Beniheki”. By the way, usually “Midori” refers to the green, but I will point to the sky blue in the case of “Beniheki”. In addition, there is a “two eye” of bright purple and blue “BeniKake flower color” by the color of pale purple to that piled the two dyes in the same way.

-read:Benikakesorairo-

紅掛空色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:染めの色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る