檳榔子染/Binroujizome/#433D3C/

檳榔子染Binroujizome

色の名前Japan Color Name檳榔子染(びんろうじぞめ)
ローマ字RomanizedBinroujizome
RGB R:067 G:061 B:060
CMYK C:00 M:09 Y:10 K:74
Web カラーHex triplet#433D3C

色の説明

檳榔子染(びんろうじぞめ)とは、檳榔子染は檳榔樹の実を染料として染めた黒褐色のことです。きわめて気品のある色で別名『檳榔子黒 びんろうじぐろ』とも呼ばれました。

手鑑模様節用 てかがみもようせつよう」の「くろ」の色譜に「上品をびんらうじそめといふ。下たそめあさぎなるを吉岡染という」と書かれており、紋付の黒染の中で最高級とされた色です。

檳榔子はヤシ科の常緑木で、マレーシア原産。東アジアで生育されており、日本への渡来は古く、天平勝宝8年(756)の輸入記録があります。

-読み:びんろうじぞめ-

関連色:黒褐色、檳榔子黒、吉岡染

[Explanation of a color]

The Binjirouzome, dyed Biro-ko is a dark brown dyed dye as the fruit of areca. It was called the another name “Biro-ko black” in color with the very dignity. It is written as “that Yoshioka dyeing A dyed Asagi was. Below Toiu Binra maggots dyed elegance” to the color score of “hand mirror pattern Setsuyo” and “black”, color is the finest in the black oxide of crested is. In evergreen trees Arecaceae, Biro-ko Malaysia origin. It has been grown in East Asia, old, there is a import record eight years Tenpyo Katsutakara of (756) is brought over to Japan.

-read:Binjirouzome-

檳榔子染

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:手鑑模様節用染めの色植物の色江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「檳榔子染」関連の商品

楽天市場での商品検索結果3件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る