丁子染/Chojizome/#DDB87E/

丁子染Chojizome

色の名前Japan Color Name丁子染(ちょうじぞめ)
ローマ字RomanizedChojizome
RGB R:221 G:184 B:126
CMYK C:05 M:20 Y:40 K:08
Web カラーHex triplet#DDB87E

色の説明

丁子染(ちょうじぞめ)とは、丁子の蕾の煮汁で染めた染め物の色で黄みの暗い褐色のことです。「香染」「濃き香」「こがれ香」とも呼ばれます。媒染剤を用いずに染めると、白茶に近い色になり、「淡き香」「香色」と呼ばれます。いずれも落ち着いた色調で、染めてしばらくは色に丁子の香りが伴います。ただし丁子は香木として高価だったため、一般には紅花と支子による代用染が行われました。

-読み:ちょうじぞめ-

関連色:丁子色香色丁子茶、白茶

[Explanation of a color]

The Chōjizome, is a dark brown yellowish color of dyeing dyed in broth buds of clove. It is referred to as “Kogarekou”, “Kokikou” as “Kouzome”. When the dye without a mordant, it becomes color close to white tea, it is called “Awakikou” and “ko-iro”. In muted colors both, the smell of clove is due to the color for a while and dyed. However for clove was expensive as fragrant wood, substitute dyed by 支子 and safflower have been made in general.

-read:Chōjizome-

丁子染

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:平安の色染めの色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「丁子染」関連の商品

楽天市場での商品検索結果2件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る