丼鼠/Dobunezumi/#595455/

丼鼠Dobunezumi

色の名前Japan Color Name丼鼠(どぶねずみ)
ローマ字RomanizedDobunezumi
RGB R:089 G:084 B:085
CMYK C:00 M:06 Y:04 K:65
Web カラーHex triplet#595455

色の説明

丼鼠(どぶねずみ)とは、溝鼠(どぶねずみ)の毛色に似た素鼠よりやや暗い鼠色です。色名で「どぶ」の字は本来「溝」とも書きますが、不潔な印象を避けるためか「丼」の字があてられることが多いようです。「墨の五彩」、焦、重、濃、淡、清の中では「濃」にあたる色であり、江戸時代中期頃の常用色であったと思われます。

-読み:どぶねずみ-

関連する色の紹介

墨の五彩に関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Dobunezumi, it is slightly darker gray than Motonezumi similar to the hair color of the brown rat. I write it as a “groove” original character of “groove” in the color name, but it shaped the “bowl” is directed or to avoid filthy impression seem to be many. “Five colors of ink”, focus, heavy, dark, light, it is a color corresponding to “dark” is in the Qing, it seems to have been a common color of the mid-Edo Period around.

-read:Dobunezumi-

丼鼠

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:動物の色墨の五彩江戸の色焼き物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る