海老茶/Ebicha/#6c2c2f/

海老茶Ebicha

色の名前Japan Color Name海老茶(えびちゃ)
ローマ字RomanizedEbicha
RGB R:108 G:44 B:47
CMYK C:0 M:59 Y:56 K:58
Web カラーHex triplet#6c2c2f

色の説明

海老茶(えびちゃ)とは、伊勢海老のような色、赤みの茶色もしくは紫みの暗い赤色のことで「蝦茶」とも書きます。山葡萄の葡萄茶(えびちゃ)と両者の色が近いことと葡萄(えび)と海老(えび)と音が通じるため、近年では混同されるようになりました。明治中期から後期にかけて女学生の袴の色として好んで用いられました。

-読み:えびちゃ-

「空色の紅入友禅の襟を懸けて、海老茶に瓦尽の糸綿の丸帯」

『多情多恨』尾崎紅葉著。明治二九年(一八九六)刊。

関連色:葡萄茶

[Explanation of a color]

The Ebicha, I write as “shrimp tea” by red dark purple or brown color taste like lobster, red taste. For sound and shrimp and grapes lead and that the color of both near and (maroon) of maroon Yamabudo, I have come to be confused in recent years.

-read:Ebicha-

海老茶

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:四十八茶百鼠明治の色江戸の色浮世絵の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「海老茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る