江戸紫/Edomurasaki/#745399/

江戸紫Edomurasaki

色の名前Japan Color Name江戸紫(えどむらさき)
ローマ字RomanizedEdomurasaki
RGB R:116 G:083 B:153
CMYK C:24 M:46 Y:00 K:40
Web カラーHex triplet#745399

色の説明

江戸紫(えどむらさき)とは、江戸で染められた紫の意で、青みを帯びた紫のことです。代表的なものに歌舞伎の『助六由縁江戸桜』で助六が頭に巻いている鉢巻の色があります。本来の紫に江戸の名をつけるのは、京都の「京紅」に対してのことで、紫染は江戸が優れ紅染は京都が優れているというところからの表現であり色そのものを指しているのではありません。ちなみに、さびた赤みの京紫系の紫を「古代紫」というのに対し、江戸紫の冴えた青みの紫を「今紫」ともよばれました。

-読み:えどむらさき-

「江戸紫の鉢巻に髪は生締め、それて刷毛先の間から覗いて見ろ。
 安房上総が浮世絵のように見えるわ」

『助六廓夜桜』歌舞伎。安永八年(一七七九)江戸・中村座初演。

関連色:、京紅、今紫、古代紫

[Explanation of a color]

The Edomurasaki, in the meaning of purple dyed in Edo, it is a purple bluish. There is a color of the headband Sukeroku is wrapped around the head of Kabuki in “Sukeroku reason Edo Sakura” in typical. It is up to you the name of Edo purple the original, because of Kyoto for the “Kyo Beni”, purple dye refers to the color itself is a representation from where Kyoto that are excellent red dyed Edo excellent ‘m not. By the way, while the “Tyrian purple” the purple of Kyoshi system of reddish rusty, was called “Ima Murasaki” purple blue taste of dull Edo Murasaki.

-read:Edomurasaki-

江戸紫

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:歌舞伎の色江戸の色浮世絵の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「江戸紫」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る