藤煤竹/Fujisusutake/#5A5359/

藤煤竹Fujisusutake

色の名前Japan Color Name藤煤竹(ふじすすたけ)
ローマ字RomanizedFujisusutake
RGB R:090 G:083 B:089
CMYK C:00 M:08 Y:01 K:65
Web カラーHex triplet#5A5359

色の説明

藤煤竹(ふじすすたけ)とは、藤色がかった煤竹色で、赤みの暗い灰紫色のことです。「藤煤竹」の染色は、貞享4年(1687)の小袖雛形本『源氏ひなかた』の小袖の地色のなかに見られるので、江戸後期から行われた染色でしょう。その色調は『手鑑模様節用』の色譜に「藤煤竹。紅消鼠の紅を梅にかへて染めたる色也」と記されています。
煤竹がつく色名は「洒落煤竹」をはじめ約20種類があり、それらの多くは江戸前期の末期(元禄〜宝永)の色見本や雛形本にも数多く出てきます。

-読み:ふじすすたけ-

関連色:藤色煤竹色

[Explanation of a color]

The Fujisusutake, smoked bamboo in color tinged with mauve, it is the ash purple dark red. Staining of “Fujisusutake”, so found among of the background color of this template Kosode Kosode of 1687 of “Genji Hina-kata”, it would be staining was performed from the late Edo period. Its color is marked “Irofu upcoming dyed in fart or to the plum red Fujisusutake. Beni consumption rat” in Irofu of “Tekagami pattern Setsuyo”. There are about 20 kinds including “Sharesusutake” The color names Susutake sticks, they can arise from a number also stationery and books color swatch end of the previous period of Edo (Genroku-Hoei) many of them.

-read:Fujisusutake-

藤煤竹

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:小袖の色染めの色江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「藤煤竹」関連の商品

楽天市場での商品検索結果6件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る