深藍/Fukaai/#004150/

深藍Fukaai

色の名前Japan Color Name深藍(ふかあい)
ローマ字RomanizedFukaai
RGB R:000 G:065 B:080
CMYK C:100 M:00 Y:25 K:75
Web カラーHex triplet#004150

色の説明

深藍(ふかあい)とは、藍染 あいぞめを黒に近づくほどに染められた濃く暗い青色のことです。『しんらん』とも読まれます。『深藍』のような濃い藍色は、藍染めの際に藍をつことから『褐色 かちいろ』と呼ばれました。またその威厳を感じさせる色合いが質実剛健を尊ぶ中世の武士たちに非常に好まれ、さらに「かち」の響きが「勝ち」と同じことから『勝』の字をあて『勝色 かついろ』という縁起色になっています。
※搗つ:臼 うすでつく。

ちなみに、『ふかきあいいろ』や『こきらん』と読む場合は、平安時代の『延喜式 えんぎしき』に定められた青みがかった暗い緑色の『深藍色 ふかきあいいろ』を指すので注意が必要です。

-読み:ふかあい-

藍色に関連する色の紹介

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Fukaai, is a rich dark blue color that has been dyed to the closer the Aizome to black. It is also read as “Shinran”. Blue-black, such as “Fukaai” was referred to as the “Kachi-iro” from 搗Tsu that the indigo at the time of Aizome. Also very favored by medieval samurai who tint to feel the dignity honor spartan, luck that rely on the character of “Katsu”, “Katsu-iro” from the same thing as the further sound of “Kachi” is “wins” It has become the color.

By the way, if you read “Fukakiaiiro” and “Kokiran”, you must be careful because refers to the “Fukakiaiiro” “Engishiki” to given bluish dark green of the Heian period.

-read: Fukaai-

深藍

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:室町の色武将の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「深藍」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る