深緑/Fukamidori/#004025/

深緑Fukamidori

色の名前Japan Color Name深緑(ふかみどり)
ローマ字RomanizedFukamidori
RGB R:000 G:064 B:037
CMYK C:100 M:00 Y:75 K:75
Web カラーHex triplet#004025

色の説明

深緑(ふかみどり)とは、青みと黒みの強い濃い緑色のことです。「ふかきみどり」とも読まれ、常緑樹の葉などの濃い緑色の形容に使われます。古くからある色名ですが、平安時代の深緑は黄みが薄く青色に近いものでした。

色名は染色法に由来しており、平安の頃は濃く染めたものを「深」と表記し「ふか、こき」と読まれました。他の色では『深緋 こきあけ』『深縹 こきはなだ』などがあります。また薄く染めたものは「浅」と表記し「あさ、うす」と読まれ、『浅緋 あさあけ』『浅黄 うすき』などがありました。

飛鳥時代の「養老律令 ようろうりつりょう」の朝服条によれば、深緑は朝廷への出仕に着用する朝服の六位の色とされており、対語の『浅緑』は七位の色と規定されています。

-読み:ふかみどり-

「松原のふかみどりなるに、花もみぢをこき散らしたると見ゆるうへのきぬのこきうすき、数知らず」

『源氏物語』「澪標」紫式部。

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Fukamidori, by the deep, dark black strong taste and bluish green and is often used in the adjective of green leaf evergreen. Read the Job-mortar from ancient times, the adjective “shallow-depth” has been used in many color name, but it has been used in the reading of Huka Asa For green. By the way, Deep green of the Heian era, was intended yellowish close to the thin blue.

-read: Fukamidori-

深緑

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色平安の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「深緑」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る