柴染/Fushizome/#B28C6E/

柴染Fushizome

色の名前Japan Color Name柴染(ふしぞめ)
ローマ字RomanizedFushizome
RGB R:178 G:140 B:110
CMYK C:00 M:21 Y:38 K:30
Web カラーHex triplet#B28C6E

色の説明

柴染(ふしぞめ)とは、柴色(ふしいろ)ともいい暗い灰みの黄赤のことです。柴木(しばき)、クロモジ木の煎汁から染料がつくられます。柴は山野に生する栗、楢、樫、櫟など小さい雑木のことで、柴染はタンニン物質を含んだ樹皮や柴木を染料とした黒褐色や黒系の染色の総称です。どこででも採れる染料であるため、下位の人間の服の色とされました。ちなみに、フシはシバの古名です。

-読み:ふしぞめ-

関連色:柴色、黒褐色

[Explanation of a color]

The Fushizome, is a dark ash Mino yellow red color also called Fushi-iro. Dye is made ​​from decoctions Shibaki, black text tree. By thickets of small chestnut to live in fields and mountains, oak, oak and yew, Shiva is the generic name of the stain of black or dark brown system with a dye Shibaki and bark that contains tannin substance. Chai dyed. Because it is a dye that can be taken anywhere, it has been the color of the dress because of the lower human. By the way, clause is Hijaz of Sheba.

-read:Fushizome-

柴染

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「柴染」関連の商品

楽天市場での商品検索結果4件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る