銀色/Gin-iro/#C0C0C0/

銀色Gin-iro

色の名前Japan Color Name銀色(ぎんいろ)
ローマ字RomanizedGin-iro
RGB R:192 G:192 B:192
CMYK C:25 M:25 Y:25 K:00
Web カラーHex triplet#C0C0C0

色の説明

銀色(ぎんいろ)とは、白金とも呼ばれる、美しい金属光沢のある灰色のことです。銀は古来から愛されてきた金についで貴重な金属であり、それぞれ太陽と月に例えられ、古来より並び称されてきました。また色としても古くから用いられており、『万葉集』でも山上憶良が「銀も金も玉も何せむに勝れる宝子に及かめやも」と詠んでいます。ちなみに、銀は白金(しろかね)とも呼ばれ、純粋無垢の意味をもっています。

-読み:ぎんいろ-

「蛞蝓(なめくじ)の多いところで、是には驚きました。
 匍つた後が銀色して光つて居ます」

『家』島崎藤村著。明治四三〜四四年(一九一◯〜一一)。

関連色:灰色

[Explanation of a color]

The Gin-iro, and is also referred to as platinum, it is a gray with a beautiful metallic luster. Silver is a precious metal next to that gold has been loved from ancient times, likened to the sun and the moon, respectively, and has been admired equally from ancient times. It has also long been used as a color, Yamanouenookura is “also 及 Kameya to Takako gold also silver ball also also is excellent in no anyway” and have read “But Manyoshu”. By the way, silver is also referred to as platinum, I have a sense of innocence.

-read: Gin-iro-

銀色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色宝石の色日本画の色金属の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「銀色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る