白銅色/Hakudou-iro/#D3DBE2/

白銅色Hakudou-iro

色の名前Japan Color Name白銅色(はくどういろ)
ローマ字RomanizedHakudou-iro
RGB R:211 G:219 B:226
CMYK C:10 M:03 Y:00 K:15
Web カラーHex triplet#D3DBE2

色の説明

白銅色(はくどういろ)とは、金属の白銅の色ようなわずかに青みを含んだ明るい灰色のことです。白銅にちなんだ色ですが、実際の白銅の色はさらに金属的な光沢があります。白銅色が使われるようになったのは近代からで、明治以降の新しい色になります。

白銅(はくどう)

白銅は、銅にニッケルを約20パーセントほど加えた合金です。銀白色で硬く、展延性・耐食性に富むので、硬貨や装飾品に用いられます。ちなみに、日本の100円硬貨、50円硬貨、旧500円硬貨は 銅5%-ニッケル25% の白銅です。

金属にちなんだ色としては、『金色』『銀色』はもちろん『錫色 すずいろ』『鉛色 なまりいろ』『赤銅色 しゃくどういろ』『白銀』など多数みられます。

100JPY

-読み:はくどういろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Hakudou-iro, is a light gray that contains a slightly bluish color, such as cupro-nickel metal. The color named after the cupro-nickel, but the color of the actual cupronickel has further metallic luster.

Cupronickel is alloy plus nickel by about 20 percent in copper. Hard in silver white, so rich in ductility and corrosion resistance, is used in coins and ornaments. By the way, 100-yen coins in Japan, 50 yen coins, the old 500-yen coin is cupronickel of Cu75% -Ni25%.

As a color named after the metal is, there are many, such as “gold”, “silver” of course “tin color” “leaden,” “coppery color”, “Silver”.

-read:Hakudou-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:金属の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「白銅色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果4件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る