半色/Hashita-iro/#A69ABD/

半色Hashita-iro

色の名前Japan Color Name半色(はしたいろ)
ローマ字RomanizedHashita-iro
RGB R:166 G:154 B:189
CMYK C:12 M:19 Y:00 K:26
Web カラーHex triplet#A69ABD

色の説明

半色(はしたいろ)とは、深紫と浅紫の中間の紫色のことです。「半」というのは中間の意味で「端」とも書かれました。
平安時代、身分により「位色」という規定があり、深紫や深紅のような濃い色は高貴な身分にしか使用を許されない禁色 きんじきでしたが、それに対し浅紫などの薄い色や中間に位置する半色は、禁色に含まれず、許色 ゆるしいろと呼ばれ使用が認められていました。
もともと半色は、どんな色とも呼べない中途半端な色の意味でしたが、禁色にならない紫に人気が集まったため色名として定着したようです。

襲の色としては、「表・浅紫、裏・浅紫」を配した色目です。

-読み:はしたいろ-

関連色:深紫浅紫

[Explanation of a color]

The Hashita-iro, it is purple in the middle of the purple shallow and deep purple. By “半” was written as the “端” in the sense of the middle.
Heian period, there is a provision that “much color” by the identification, dark colors like Shinku and Kokimurasaki was Kinjiki that are not allowed to use only the noble status, but Hashita which is located on the thin middle and colors such Asamurasaki contrast -iro is, is not included in the Kinjiki, use had been recognized is called Yurushiiro.
Hashita-iro was the meaning of half-baked colors not call it with any color originally, but it seems to have established itself as a color name for popular gathered in purple you are not going to Kinjiki.

As the color of prone, it is color that arranged “front and Asamurasaki, Asamurasaki back,” the.

-read:Hashita-iro-

半色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:平安の色襲の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「半色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果4件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る