純白/Junpaku/#FFFFFF/

純白Junpaku

色の名前Japan Color Name純白(じゅんぱく)
ローマ字RomanizedGeppaku
RGB R:255 G:255 B:255
CMYK C:00 M:00 Y:00 K:00
Web カラーHex triplet#FFFFFF

色の説明

純白(じゅんぱく)とは、全く混じりけのない完全な白色のことです。『真白 ましろ』と同色。

純白とは、もともと色名ではなく「けがれがなく清らかな心。そのさま」のことであり、その言葉の出典は古代中国の『荘子 そうし』まで遡ります。

色名として使われるようになったのは近年で、純白という言葉の清廉潔白 せいれんけっぱくなイメージから真っ白な『白色』の色名となり、近代文学などでよく見かけるようになりました。

和色の中には『月白 げっぱく』『胡粉 ごふん』『乳白色』『銀白色』『卯の花色 うのはな』など白を表す様々な色名がありますが、中でも『純白』は白さを表す形容詞としての使われ方が多く、「純白のウェディングドレス」のように「清らかさ」の意味も込めて使われています。

-読み:じゅんぱく-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Junpaku, is that all of the full white with no unmixed. The same color as the “white Mashiro”.

The pure white, rather than the originally color name “dirty unclean there is no pure heart. As a summary,” is that of, source of the word dates back to the ancient Chinese “Zhuangzi”.

In recent years it came to be used as a color name, become a color name of pure white “Shiro” from incorruptible image of the word white, now often seen in such modern literature.

Some of the secondary colors, but there are a variety of color name that represents the white, such as “Geppaku”, “Gofun”, “Nyuhakushoku”, “Ginpakushoku” “Unohana-iro”, among them “pure white” is used the way of as an adjective that represents the whiteness many, it is used also put the meaning of “clearness”, as in “pure white wedding dress.”

-read: Junpaku-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:近代の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「純白」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る