柿渋色/Kakishibu-iro/#BD7862/

柿渋色Kakishibu-iro

色の名前Japan Color Name柿渋色(かきしぶいろ)
ローマ字RomanizedKakishibu-iro
RGB R:189 G:120 B:098
CMYK C:35 M:65 Y:65 K:00
Web カラーHex triplet#BD7862

色の説明

柿渋色(かきしぶいろ)とは、灰がかった黄赤色で、色づく前のカキの実をしぼって作られます。歌舞伎役者の一門、市川家がよく用いていた色であるところから、俗に「団十郎茶」とも呼ばれます。江戸時代では、「柿色」と呼ばれますが、これは「柿渋色」を略したもので、柿の実の色にちなんだ「柿色」とは異なります。

-読み:かきしぶいろ-

関連色:団十郎茶柿色

[Explanation of a color]

The Kakisibu-iro, yellow-red slightly gray, it is made ​​by squeezing the fruit of oysters before turns red and yellow. From where it is a color that sept of Kabuki actor, Ichikawa house was often used, which is also known as “Danjulo tea” commonly. In the Edo period, is referred to as a “Kakiiro”, but this is as it is short for “persimmon juice color”, is different named after the color of the persimmon and “Kakiiro”.

-read:Kakisibu-iro-

柿渋色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:平安の色役者色歌舞伎の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「柿渋色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る