茅色/Kaya-iro/#C7B183/

茅色Kaya-iro

色の名前Japan Color Name茅色(かやいろ)
ローマ字RomanizedKaya-iro
RGB R:199 G:177 B:131
CMYK C:00 M:15 Y:40 K:30
Web カラーHex triplet#C7B183

色の説明

茅色(かやいろ)とは、き替えたばかりの茅葺 かやぶき屋根のようなわずかに赤みを帯びたくすんだ黄色のことです。別に『萱色 かやいろ』の字もあてられ、その名のとおりれた茅に由来する色です。

茅・萱(かや)

茅はススキの別名で、チガヤなどの総称。茅葺屋根につかわれるなど古くから日本人に親しまれた植物で、縄文時代には茅を用いた屋根だけの住居が作られていたようです。

枯れた茅の自然で穏やかな色合いは、秋の情緒を感じさせることから大変好まれ、『万葉集』などに多くの歌が詠まれました。

茅色の他にも枯れた植物に由来する『枯色 かれいろ』や『枯野 かれの』といった色がありますが、一見、華やかさもないこういった地味な色に美を見出す、日本人の精神性を象徴した色といえるかもしれません。

-読み:かやいろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

Kaya-iro is a yellow color that is slightly reddish like a freshly roofed roof. Separately, the letter “萱 色” is also applied, it is the color derived from the dead Kaya as its name suggests.

Kaya is an alias of Susuki, a generic term for Chigaya et al. It is a plant familiar to Japanese people since ancient times, such as being used for the roof of the roof, in the Jomon period it seems that houses with only the roof using Kaya were made.

The natural and gentle hues of dead Kaya are highly favored from the feeling of autumn emotion, and many songs were written in “Manyoshu” etc.

In addition to Kaya-iro, there are colors such as “Kare-iro” and “Kareno” derived from dead plants, but at first glance there is no ornamentation, finding beauty in such a sober color, the spirituality of the Japanese It can be said that it is a symbolic symbol.

-read: Kaya-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:万葉の色植物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「茅色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果2件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る