黄色/Ki-iro/#FFD900/

黄色Ki-iro

色の名前Japan Color Name黄色(きいろ)
ローマ字RomanizedKi-iro
RGB R:255 G:217 B:000
CMYK C:00 M:15 Y:100 K:00
Web カラーHex triplet#FFD900

色の説明

黄色(きいろ、おうしょく)とは、基本色名の一つであり、色の三原色の一つ、あるいは黄色系統の総称としても用いられます。現代では卵の黄身、レモンの皮、ヒマワリの花のような色をさします。人類最古の黄色い顔料は黄土とされ、日本では稲科の刈安などが黄色の染料として古くから用いられました。日本の伝統色名では刈安色、黄檗色などが代表的です。

-読み:きいろ-

関連色:刈安

[Explanation of a color]

And Ki-iro, is one of the basic color name, it is also used as a general term for yellow lines or one of the three primary colors. It means yolk of egg, lemon peel, like color of flower of sunflower in modern times. Pigment yellow mankind’s oldest is the loess, and Kariyasu of grasses have been used since ancient times as a yellow dye in Japan. Kariyasu-iro, and Obaku-iro is typical in traditional color name of Japan.

-read:Ki-iro-

黄色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:三原色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「黄色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る