媚茶/Kobicha/#716246/

媚茶Kobicha

色の名前Japan Color Name媚茶(こびちゃ)
ローマ字RomanizedKobicha
RGB R:113 G:098 B:070
CMYK C:00 M:13 Y:38 K:56
Web カラーHex triplet#716246

色の説明

媚茶(こびちゃ)は、やや黒ずんだ黄褐色のことです。濃い黄みの褐色、緑がかった茶色に用いられます。元の名を昆布茶(こぶちゃ)といい、海藻の昆布の色を表していましたが、「媚びるような艶っぽい色」という意味から「媚茶」の字を当てられました。媚茶は『御ひいなかた』以来、雛形本の小袖の地色にしばしばみられ、人の気をそそる色としてこの色名が続いています。ちなみに、江戸時代に『四十ハ茶百鼠』と呼ばれた流行色の一つです。

-読み:こびちゃ-

「あらじみた小そで。くろななこのはばのひろいはんゑり。こびちやななこの帯」
『通言総籬』洒落本。

山東京伝作・山東鶏告画。天明七年(一七八九)刊。

関連色:黄褐色、茶色、昆布茶

[Explanation of a color]

The Kobicha, it is a dark tan brownish. A kind of agarwood trees, aloes-wood is the place of origin is Southeast Asia such as Thailand and Vietnam. Kyara is special among the agarwood tree for a long time, and has been prized as Nakao best in incense burning. By the way, it is a word that was translated from Han Kiyara which means black in Sanskrit and aloes-wood. Tan named after the character is is this color.

-read:Kobicha-

媚茶

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:四十八茶百鼠江戸の色浮世絵の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「媚茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る