鉄色/Kurogane-iro/#102E24/

鉄色Kurogane-iro

色の名前Japan Color Name鉄色(くろがねいろ)
ローマ字RomanizedKurogane-iro
RGB R:016 G:046 B:036
CMYK C:90 M:50 Y:75 K:40
Web カラーHex triplet#102E24

色の説明

鉄色(くろがねいろ)とは、鉄の焼肌の色のような青みが暗くにぶい青緑色のことです。釉薬の呉須のくすんだ青色を指すこともあります。金を「こがね」、銀を「しろがね」、銅を「あかがね」というのに対して、鉄は「くろがね」と呼ばれました。
藍染で出される色の中でも緑みの濃い青に対して適当な色がないことから広く用いられた色名で、明治中期頃から大正にかけて大流行し、番頭や手代の前掛けの色に用いられました。ちなみに鉄を関する色名は、ほかに「鉄御納戸」、「鉄紺」、「鉄鼠」、「鉄深川」などがあります。

-読み:くろがねいろ-

「其の膚の色は銅(あかがね)と云ふよりは鉄色(くろがねいろ)だ」

『少年行』中村星湖著。明治四◯年(一九◯七)。

関連色:青緑色、

[Explanation of a color]

The Kurogane-iro refers to the blue-green bluish, such as the color of burnt skin of iron dull dark. You can also refer to a blue smoky zaffer of glaze. “Platinum”, “Koganemochi”, silver, whereas the “Akagane” copper, iron was called “Kurogane” money. Color name that is widely used because there is no appropriate color to dark blue green taste among the color served at indigo, and the rage and Taisho from the mid-Meiji period around, using the color of the apron of the assistant manager and clerk has been. By the way, about the color names iron, there “Tetsuonando”, “Tetsukon”, “Tetsunezumi”, and “iron Shenzhen” in addition.

-read:Kurogane-iro-

鉄色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:明治の色焼き物の色近代の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「鉄色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る