草色/Kusa-iro/#7B8D42/

草色Kusa-iro

色の名前Japan Color Name草色(くさいろ)
ローマ字RomanizedKusa-iro
RGB R:123 G:141 B:66
CMYK C:61 M:39 Y:89 K:00
Web カラーHex triplet#7B8D42

色の説明

草色(くさいろ)とは、若草が色濃くなったようなくすみのある濃い黄緑色のことです。みずみずしい『若草色』が濃くなると草色になりました。古くからある色名であり、緑色を代表する色。『そうしょく』とも読まれます。別名に『草場色 くさばいろ』とも。

ちなみに、『色草 いろくさ』と書くと、庭、路傍、山野などにしげる雑草や草花、紅葉などを指す「秋の季語」となります。

-読み:くさいろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Kusa-iro, it is a dark yellow-green with dull, such as Little Women became strongly. Fresh “wakakusa-iro” is now darker become and grass green. Is a color name in ancient, color representing the green. Also I will be read as “Soushoku”. And as “Kusaba-iro” alias.

By the way, if you write a “Irokusa”, garden, roadside, Shigeru etc. Yamano weeds and flowers, it will be “autumn of Kigo” which refers to such leaves.

-read: Kusa-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色植物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「草色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る