桑染/Kuwazome/#DABC91/

桑染Kuwazome

色の名前Japan Color Name桑染(くわぞめ)
ローマ字RomanizedKuwazome
RGB R:218 G:188 B:145
CMYK C:20 M:30 Y:50 K:00
Web カラーHex triplet#DABC91

色の説明

桑染(くわぞめ)は、褐色を帯びたくすんだ黄色のことです。「衣服令」では黄より一つ上位の色として出てきますが、高貴な色ではありません。江戸時代は桑染の色を桑茶(くわちゃ)と呼んでいました。古くから用いられた染料であるため時代の変化によって色合いは結構幅広いのが特徴です。そのため、桑染と桑茶を別の色として分ける考えかたもあります。

-読み:くわぞめ-

「三人ながら桑染の木綿足袋はかれしに、独はな緒ずれの跡なき御方あり」

『好色一代男』浮世草子。井原西鶴作。天和二年(一六八二)刊。

関連色:褐色、黄色、桑茶

[Explanation of a color]

The Kuwazome, is a yellow clear want to brownish. It comes out as one color above the yellow in “Ifukurei” but it is not a noble color. Edo period was referred to as Kuwacha the color of mulberry dyed. The hue of a wide range of fine by changing times because it is a dye that was used for a long time is a characteristic. Therefore, there is also a way of thinking that separates as a different color Kuwacha and Kuwazome.

-read:Kuwazome-

桑染

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:奈良の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「桑染」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る