伽羅色/Kyara-iro/#D8A373/

伽羅色Kyara-iro

色の名前Japan Color Name伽羅色(きゃらいろ)
ローマ字RomanizedKyara-iro
RGB R:216 G:163 B:115
CMYK C:00 M:25 Y:47 K:15
Web カラーHex triplet#D8A373

色の説明

伽羅色(きゃらいろ)とは、茶色がかった暗い黄褐色のことです。伽羅茶とも呼ばれます。伽羅は沈香木(じんこうぼく)の一種で、ベトナムやタイなど東南アジアが原産地です。昔から伽羅は沈香木の中でも特別で、香道では最高の名香として珍重されてきました。ちなみに伽羅とは梵語で黒を意味するキヤラから漢訳された言葉です。その伽羅にちなんだ黄褐色がこの色です。

-読み:きゃらいろ-

「ぼうたん おもてみなうすきすはう。うらみなしろし。すずしのひとへ」

『満佐須計装束抄』源雅亮著。安元二年(一一七六)以降。

関連色:茶色、黄褐色、伽羅茶

[Explanation of a color]

The Kyara-iro, it is a dark tan brownish. A kind of agarwood trees, aloes-wood is the place of origin is Southeast Asia such as Thailand and Vietnam. Kyara is special among the agarwood tree for a long time, and has been prized as Nakao best in incense burning. By the way, it is a word that was translated from Han Kiyara which means black in Sanskrit and aloes-wood. Tan named after the character is is this color.

-read:Kyara-iro-

伽羅色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色浮世絵の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「伽羅色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る