海松茶/Mirucha/#57543D/

海松茶Mirucha

色の名前Japan Color Name海松茶(みるちゃ)
ローマ字RomanizedMirucha
RGB R:087 G:084 B:061
CMYK C:52 M:40 Y:59 K:29
Web カラーHex triplet#57543D

色の説明

海松茶(みるちゃ)とは、海松色を褐色がらせた暗い黄緑色のことです。海松色の変相色で、江戸時代に広く愛用されました。もとの海松色に近いものを素海松茶、少し黄みのあるものを黄海松茶と呼んでいます。

-読み:みるちゃ-

「あら嶋にみる茶の裏を付、下に貫物の菜種色なるを着て」

『好色二代男』浮世草子。井原西鶴作。貞享元年(一六八四)刊。

関連色:暗緑色、茶色、海松色、媚茶

[Explanation of a color]

The Mirucha, it is a dark yellow-green was brown while the Miru-iro. Change in color phase of the Miru-iro, it has been widely favored in the Edo period. I call the Kimirucha Sumirucha, the thing with the creamy little closer to see the original color.

-read:Mirucha-

海松茶

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:四十八茶百鼠江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「海松茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る