桃花色/Momohana-iro/#F9AEA5/

桃花色Momohana-iro

色の名前Japan Color Name桃花色(ももはないろ)
ローマ字RomanizedMomohana-iro
RGB R:249 G:174 B:165
CMYK C:00 M:45 Y:30 K:00
Web カラーHex triplet#F9AEA5

色の説明

桃色(ももはないろ)とは、美しく咲く桃の花のような淡い紅色のことです。色調的には鴇色 ときいろよりもやや淡く、桜色より赤みが強い色になります。女性らしい色合いのため、江戸時代には女性の肌着や裏地によく使われました。
古代では桃という字は「つき」と読まれており、『日本書紀』にも「桃染布 つきそめぬの」との表記が見られるように万葉の時代から用いられた古い色名です。

-読み:ももはないろ-

桃花褐 つきそめの浅らの衣浅らかに思ひて妹に逢はむものかも」

『万葉集』巻十二。

関連色:紅色桜色

[Explanation of a color]

The Momohana-iro, it is a pale pink like a flower of peach blooming beautifully. Slightly lighter than the Toki-iro in color terms, you could think of this color redness is stronger than Sakura-iro. For shade feminine, it was often used in lining and underwear of women in the Edo era.
Character of peach in ancient are read as “month”, it is an old color name that was used from the age of Manyo notation as “Tsukisomenuno” to be seen also in the “Chronicles”.

-read:Momohana-iro-

桃花色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色奈良の色花の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「桃花色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る