蒸栗色/Mushikuri-iro/#EFEACC/

蒸栗色Mushikuri-iro

色の名前Japan Color Name蒸栗色(むしくりいろ)
ローマ字RomanizedMushikuri-iro
RGB R:239 G:234 B:204
CMYK C:00 M:02 Y:20 K:10
Web カラーHex triplet#EFEACC

色の説明

蒸栗色(むしくりいろ)とは、蒸した栗の皮を向いた実のような、緑みがかった淡い黄色のことです。栗の実に由来する色といえば赤茶色の『栗色』や『栗皮色 くりかわいろ』を想像しがちですが、蒸栗色は炊きあがった栗ごはんの間から顔を出す美味しそうな栗の実の色です。

蒸栗色の色名がいつ頃から使われるようになったかは不明で、古代中国の辞書『爾雅 じが』にこの色名が記されていますが、その色は我が国の蒸栗色とは違うという説もあります。

「栗」のつく色名には、ほかにも栗の皮のような茶色の『落栗色 おちぐりいろ』『栗皮茶 くりかわちゃ』や、やや赤みの明るい栗色の『栗梅 くりうめ』など多数あり、栗がいかに我々日本人に身近な存在だったかがよく分かります。

-読み:むしくりいろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Mushikuri-iro, such as the actual facing the steamed chestnut skin, is a pale yellow greenish body. Speaking of color derived from the fruit of the chestnut red-brown “Kuri-iro” and “Kurikawa-iro” Imagine it is easy, but the, Mushikuri-iro is from between the chestnut rice appetizing chestnut fruit put in an appearance that Takiaga’ The color.

Or Mushikuri-iro of color name is now always used from time is unknown, but you have this color name is written in the ancient Chinese dictionary “Jiga”, that its color is different from Japan’s Mushikuri-iro There is also a theory.

The color names to get the “Kuri”, “Ochiguri-iro”, “Kurikawacha” and brown, such as the chestnut skin, there is such a little reddish bright Kuri-iro “Kuriume”, familiar to chestnut how the Japanese what was Do not exist you can see well.

-read: Mushikuri-iro-

蒸栗色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色植物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「蒸栗色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る