茄子紺/Nasukon/#824880/

茄子紺Nasukon

色の名前Japan Color Name茄子紺(なすこん)
ローマ字RomanizedNasukon
RGB R:130 G:072 B:128
CMYK C:00 M:45 Y:02 K:49
Web カラーHex triplet#824880

色の説明

茄子紺(なすこん)とは、夏野菜として親しまれている茄子の実のような紫みの濃い紺色のことです。藍染の濃色に蘇芳で染め重ねられ、江戸時代になってから使われるようになった色名です。茄子はインド原産のナス科の一年草。熱帯から温帯まで広く栽培されており夏から秋にかけて淡紫色の花が咲きます。

-読み:なすこん-

「オリーブの茄子紺のと云はない昔、紫は江戸の代表色で」

『江戸から東京へ』矢田挿雲著。大正十年(一九二一)。

関連色:蘇芳

[Explanation of a color]

The Nasukon, it is a dark blue dark Purplish such as fruit of the eggplant, which is popular as a summer vegetable. It is a color name that is superimposed dyed Suou to deep color of indigo, came to be used after becoming the Edo period. Eggplant is an annual plant of the family Solanaceae native of India. Purple flowers bloom light from summer to fall and are widely cultivated temperate to tropical.

-read:Nasukon-

茄子紺

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:染めの色植物の色江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「茄子紺」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る