菜種油色/Nataneabura-iro/#DEC031/

菜種油色Nataneabura-iro

色の名前Japan Color Name菜種油色(なたねあぶらいろ)
ローマ字RomanizedNataneabura-iro
RGB R:222 G:192 B:049
CMYK C:20 M:25 Y:90 K:00
Web カラーHex triplet#DEC031

色の説明

菜種油色(なたねあぶらいろ)は、菜種から搾った菜種油のような緑みの深い黄色のことです。別に『菜種色 なたねいろ』とも。菜種とは、あぶらなの種のことです。菜種油が灯油として普及した江戸時代から染色されるようになりました。元文年間(一七三六〜四一)には麻裃の色に使われて流行し、天明年間には(一七八一〜八九)には裏付き裃として流行しています。

菜種に由来する色名としては他に『菜の花色』があります。

-読み:なたねあぶらいろ-

関連色:黄色、油色

[Explanation of a color]

The Nataneabura-iro, is a deep yellow green body, such as rapeseed oil that is squeezed from rapeseed. And rapeseed, it is the seed of oilseed rape. I came to be stained from the Edo period rapeseed oil has been widely used as kerosene. The epidemic is used to the color of the hemp kamishimo original statement year to (1,736 to 41), we are in vogue as lined kamishimo in (1,781 to 89) in the Tenmei year.

-read:nataneabura-iro-

菜種油色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:植物の色江戸の色焼き物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「菜種油色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る