鼠色/Nezumi-iro/#7D7D7D/

鼠色Nezumi-iro

色の名前Japan Color Name鼠色(ねずみいろ)
ローマ字RomanizedNezumi-iro
RGB R:125 G:125 B:125
CMYK C:00 M:00 Y:00 K:65
Web カラーHex triplet#7D7D7D

色の説明

鼠色(ねずみいろ)とは、ネズミの体毛の色のような暗い灰色、および灰色系統全般を指す色名です。室町末期から江戸時代にかけて生まれた色名。『素鼠 すねずみ』『御召鼠 おめしねず』は同色、古くは『鈍色 にびいろ』や『うす墨』などと呼ばれていました。

江戸中期には幕府が『紅色 べにいろ』などの派手な色を禁止したこともあり、人々は彩度の低い色に関心を持つようになります。そんな中で鼠色は『茶色』や『藍色 あいいろ』とともに「粋」な色とされ、江戸後期には美妙な色調の変化ごとにさまざまな派生色が誕生しました。桜や柳などの樹木、自然、 “千利休” や “小野小町” などの歴史上の人物などなど。さまざまなものと組み合わせることでイメージを広げ、大流行したのが「四十八茶百鼠 しじゅうはちゃひゃくねず」です。

鼠色の染料はくぬぎならくりかしなどさまざまで、いずれも煎じたものを鉄媒染 てつばいせんして染められました。江戸後期に多様な「鼠色」が流行した背景には、これらの染料が手に入れやすかったという側面もあります。

別名で『灰色』とも呼ばれますが、厳密には違う色であり、あえて区別をつけるなら少しだけ明るく黄みを含んだ鼠色を『灰色』とすることがあります。

-読み:ねずみいろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Nezumi-iro, is the color name that points to a dark gray, and gray system in general, such as the color of the hair of the rat. Color name that was born through the Edo period from the Muromachi late. “Sunezumi” “Omeshinezu” is the same color, in ancient times was called as “Nibi-iro” and “Usuzumi”.

The Edo medium term sometimes shogunate banned the flashy colors such as “Beni-iro”, people will be interested in so the color of low saturation. Nezumi-iro in such is the “chic” color with “Cha-iro” and “Ai-iro”, various derivative color for each change of Bimyo tones in the late Edo period was born. Trees, such as cherry and willow, nature, such as such as historical figures, such as “Sen no Rikyu” and “Ono no Komachi”. Spread the image by combining with various things, is a large epidemic was of the “Shijuhacha Hyakunezu”.

Dye of gray is oak, oak, chestnut, a variety, such as oak, those were all brewed was dyed with iron mordant. In the Edo background that late in a variety of “Nezumi-iro” became popular, there are also aspects of these dyes was easy to get.

Is also known as “Ha-iro” in an alias, but strictly speaking is a different color, it may be a “Hai-iro” dare Nezumi-iro that contains only a little bright yellowish if draw a distinction.

-read:Azuki-iro-

鼠色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:動物の色四十八茶百鼠

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「鼠色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る