熨斗目色/Noshime-iro/#175B66/

熨斗目色Noshime-iro

色の名前Japan Color Name熨斗目色(のしめいろ)
ローマ字RomanizedNoshime-iro
RGB R:023 G:091 B:102
CMYK C:91 M:64 Y:60 K:00
Web カラーHex triplet#175B66

色の説明

熨斗目色(のしめいろ)とは、織物の小袖のひとつである熨斗目に用いられたやや灰みの濃い鈍い青色のことです。熨斗目の地染めが藍染であったので、熨斗目色は藍色の系統に分類されました。ちなみに、熨斗目色から出た色名には熨斗目浅葱、熨斗目空色、熨斗目納戸、熨斗目紺青などがあり、また江戸時代に士分以上の者の礼服として、縞や格子を織り出したものを熨斗目模様と呼ばれました。市川團十郎の役者色である舛花色は、この色から派生したと言われています。

-読み:のしめいろ-

関連色:舛花色

[Explanation of a color]

The Noshime-iro, it is a dull dark blue Hai-mi somewhat used in the Indian meal, which is one of the short-sleeved kimono fabric. Ground-dyed Indian meal was so indigo, Indian meal color has been classified to the system of deep blue. By the way, as a formal dress of persons Shibun or more, Indian meal pattern what you began to weave a lattice and stripes in the Edo era Indian meal Asagi, Indian meal sky blue, Indian meal storeroom, such as Indian meal Prussian blue is also, there is the color name that came out of the Indian meal color I was called. It is said that mass flower color is the color of the actor Ichikawa Danjuro is, and is derived from this color.

-read:Noshime-iro-

熨斗目色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:染めの色江戸の色焼き物の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「熨斗目色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果2件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る