御納戸色/Onando-iro/#1C6867/

御納戸色Onando-iro

色の名前Japan Color Name御納戸色(おなんどいろ)
ローマ字RomanizedOnando-iro
RGB R:028 G:104 B:103
CMYK C:82 M:00 Y:22 K:40
Web カラーHex triplet#1C6867

色の説明

御納戸色(おなんどいろ)とは、江戸時代の代表的な色で緑みの暗い青色のことです。鉄納戸 てつなんど錆納戸 さびなんど藤納戸 ふじなんどなどのほか、多くの派生した色があり、現代でも和服の色として根強い人気があります。
色名にある「納戸」とは衣服や調度などを収めておく部屋のことですが、この色名の由来には諸説あります。江戸城内の、納戸に出入りした役人の服の色、納戸にかかっていた幕の色、納戸に貯蔵されていた藍染の色、また納戸の中のほの暗いイメージからきたという説まであります。

-読み:おなんどいろ-

関連色:鉄御納戸錆鉄御納戸、藤納戸

[Explanation of a color]

The Onando-iro, it is a dark blue greenish color typical of the Edo period. In addition Tetsunando, Sabinando, such as Fujinando, there is a color derived many, there is a firm favorite as the color of the kimono in modern times.
It is a room that keep matches and furniture and clothes in the color name is “Nando”, but there are several theories on the origin of the color name. It is up to the theory that came from the dim image in the storeroom also color, of Aizen had stored the color of the curtain that have taken the color of the clothes of officials in and out of Edo Castle in the closet, in the closet, in the closet.

-read:Onando-iro-

御納戸色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「御納戸色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る