黄丹/Oni/#EE7948/

黄丹Oni

色の名前Japan Color Name黄丹(おうに)
ローマ字RomanizedOni
RGB R:238 G:121 B:072
CMYK C:00 M:49 Y:70 K:07
Web カラーHex triplet#EE7948

色の説明

黄丹(おうに)とは、支子の下染めに紅花を使って染め重ねられたやや黄色みがかった丹色のことで、「おうたん」とも読みます。黄丹は顔料である鉛丹の別名であり、その染色が黄丹の色に似ているところから染色名になりました。黄丹の染色名が現れるのは太宝令・衣服令からで、それ以降黄丹は皇太子の袍色として禁色(きんじき)でした。現代の身近な例では雛ひな人形にみることができます。

-読み:おうに-

関連色:黄色、丹色

[Explanation of a color]

The Oni, by Niiro of the yellowish slightly superimposed dyed with safflower under dyeing 支子, I read as “N your song”. Huang Dan is the alias of red lead is a pigment, it is now staining name from where the staining is similar to the color of yellow red. Staining name of Dan’s yellow appear in bold treasure from Ryo clothes Ordinance, yellow red was Kinjiki as robe color of Prince later. You can see the chick doll in a familiar example of modern.

-read:Oni-

黄丹

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色日本画の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「黄丹」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る