紫紺/Shikon/#400B36/

紫紺Shikon

色の名前Japan Color Name紫紺(しこん)
ローマ字RomanizedShikon
RGB R:064 G:011 B:054
CMYK C:50 M:90 Y:20 K:50
Web カラーHex triplet#400B36

色の説明

紫紺(しこん)とは、紺色がかった暗めの紫色のことです。紫草の根 むらさきそうで染めていたことから「紫根」と書かれていました。「紫紺」は明治以降に使われた色名です。 天皇即位の礼のばんで用いられましたが、現代でも「紫紺の優勝旗」と言われるように、この色は尊ばれています。 ちなみに、紫紺と同類の色に、濃い茄子 なすの実の色にたとえられた「茄子紺」があり、大正時代に流行しました。

-読み:しこん-

関連色:、紫根、茄子紺

[Explanation of a color]

The Shikon, it is a dark purple dark blue tinged. It was written as “Lithospermum” because it had been dyed purple grassroots. “Bluish purple” is the color name that was used in the Meiji era. It was used in the grouper of Rei coronation of the Emperor, but as is said to be “pennant of bluish purple” Even today, this color has been revered. By the way, the color of the akin to bluish purple, there was likened to the color of dark eggplant Nasuno fruit “Nasukon” I was popular in the Taisho era.

-read:Shikon-

紫紺

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色染めの色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「紫紺」関連の商品

楽天市場での商品検索結果6件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る