新橋色/Shinbashi-iro/#5AC2D9/

新橋色Shinbashi-iro

色の名前Japan Color Name新橋色(しんばしいろ)
ローマ字RomanizedShinbashi-iro
RGB R:090 G:194 B:217
CMYK C:65 M:00 Y:15 K:00
Web カラーHex triplet#5AC2D9

色の説明

新橋色(しんばしいろ)とは、明るい緑がかった浅鮮やかな青色のことです。明治中期に輸入され、ハイカラな色として大正時代にかけて大流行しました。この色名の「新橋」は、東京の新橋のことで、当時は実業界や政治家が訪れる振興の花柳界であり、その新橋の芸者衆に愛好された色ということでこう呼ばれるようになりました。また、芸者の置屋が金春新道にあったことから「金春色」とも呼ばれ、鏑木清方や上村松園などの美人画に用いられた色としても知られています。ちなみに、洋色名はターコイズ・ブルー。

-読み:しんばしいろ-

関連色:金春色

[Explanation of a color]

The Shinbashi-iro, it is a bright blue-green close to the Asagi color bright greenish. Imported into the middle of the Meiji era, it was all the rage during the Taisho era as color plush. By Shimbashi in Tokyo, at that time is the world of the geisha of promotion visiting politicians and the business community, of this color name “Shinbashi” is, to be called schools that color is love to geisha of the Shinbashi directly below. In addition, it is also known as the color also known as a spring color from gold that was in the Komparu Shindo is Okiya Geisha, was used for the beautiful pictures as Uemura Shoen and Kaburagi Kiyokata. By the way, Hiroshi color name is turquoise.

-read:Shinbashi-iro-

新橋色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:日本画の色明治の色近代の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「新橋色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る