朱色/Shu-iro/#EF454A/

朱色Shu-iro

色の名前Japan Color Name朱色(しゅいろ)
ローマ字RomanizedShu-iro
RGB R:235 G:097 B:001
CMYK C:00 M:59 Y:100 K:08
Web カラーHex triplet#EF454A

色の説明

朱色(しゅいろ)は、黄を帯びた鮮やか赤色のことです。一般に、朱肉のような少し黄色がかった赤のことを指します。朱色は、縄文時代からあったもっとも古い色のひとつで、貝塚などからこの色をあしらった土器や土偶なども見つかっています。天然産のものは辰砂から精製されますが、硫化水銀を主成分とする無機朱色顔料から作り出されたものは、区別して「銀朱」と呼びます。

-読み:しゅいろ-

関連色:銀朱

[Explanation of a color]

The Shu-iro, is a bright red tinged with yellow. In general, I refers to the yellowish-red little like ink pad. The Shu-iro, is one of the oldest color that was from the Jomon period, such as earthenware and clay figures which treated this color from such shell mounds are also found. Of natural production is purified from cinnabar, but what was produced from inorganic pigment vermilion composed mainly of mercury sulfide, is called a “Ginshu” to distinguish.

-read:Shu-iro-

朱色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「朱色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る