蒼色/Soushoku/#007655/

蒼色Soushoku

色の名前Japan Color Name 蒼色(そうしょく)
ローマ字Romanized Soushoku
RGB R:0 G:118 B:85
CMYK C:90 M:00 Y:68 K:40
Web カラーHex triplet

色の説明

蒼色(そうしょく)とは、干した青草のような少し暗い青緑色のことです。色の由来は「蒼」という漢字の成り立ちどおり、「くら」の屋根に青草を使っていたことから。別に「あおいろ」とも読まれますが、系統的には『緑色』の系統です。

蒼色は「蒼顔 そうがん」や「顔面蒼白」という言葉があるように、顔に対して使う場合、色味よりも青白い顔や顔色が悪い様子を表す形容詞として使われます。また、蒼には草木が覆い茂るという意味もあり、生い茂る木々や緑深い山を形容する場合にも使われました。

ちなみに、「蒼天」「蒼空」「蒼海」のような青に関連する言葉も多いためか、現代では『青色』の変わりに使われることも多いようです。

-読み:そうしょく-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

, it is a little dark blue-green like the dried was green grass. Origins of Chinese characters exactly that color the origin of the “blue”, from the fact that I was using the green grass on the roof of the “warehouse”. It is also read as “Aoio”, but systematically is the system of “green”.

Aoiiro As is the word “Sougan” and “Ganmensouhaku”, If you want to use for the face, will be used as an adjective that represents how pale face and complexion is worse than color. In addition, there is also a sense that the lush cover is vegetation in the blue, it was also used in the case of the epithet lush trees and green deep mountain.

By the way, “蒼天”,”蒼空” or for larger words related to the blue such as “蒼海”, it seems it is also often used instead of “blue” in modern.

-read: Soushoku-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:自然の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「蒼色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果1件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る