煤竹色/Susutake-iro/#70564A/

煤竹色Susutake-iro

色の名前Japan Color Name煤竹色(すすたけいろ)
ローマ字RomanizedSusutake-iro
RGB R:112 G:086 B:074
CMYK C:00 M:30 Y:30 K:72
Web カラーHex triplet#70564A

色の説明

煤竹色(すすたけいろ)とは、囲炉裏(いろり)や竈(かまど)の煙に燻されてすすけて古色を帯びた竹の色のような暗い茶褐色のことです。江戸時代中期以降に登場した若竹色、青竹色に先んじて室町時代頃に登場し、江戸時代に通好みの色として愛用されました。「銀煤竹」、「藤煤竹」、「伽羅煤竹」、「南京煤竹」と、変相色も現れるなど小袖や羽織り、帯色に使われるなど広く流行した色です。

-読み:すすたけいろ-

「宝歴五年の頃より江戸町々男女煤竹色の小袖はやる。
羽織りも帷子もひとへ物、いずれもすす竹なり」

『我衣(わがころも)』加藤曵尾庵。文化年間(一八〇四〜一八)頃。

関連色:茶褐色銀煤竹、藤煤竹、伽羅煤竹、南京煤竹

[Explanation of a color]

The Susutake-iro, it is a dark brown like the color of bamboo tinged patina with sooty by being smoked in the smoke from a furnace or hearth. It appeared in the Muromachi period around ahead of Wakatake-iro that appeared in the middle of the Edo period and later, the Aotake-iro, it was a favorite as the color for the experienced in the Edo period. The color was popular and widely haori short-sleeved kimono, and is used to band color “Ginsusutake”, “Fujisusutake”, “Kyarasusutake” and “Nankinsusutake”, phase change color as well as appear.

-read: Susutake-iro-

煤竹色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色陶器の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「煤竹色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る