代赭色/Taisha-iro/#B36C3C/

代赭色Taisha-iro

色の名前Japan Color Name代赭色(たいしゃいろ)
ローマ字RomanizedTaisha-iro
RGB R:179 G:108 B:060
CMYK C:40 M:70 Y:85 K:00
Web カラーHex triplet#B36C3C

色の説明

代赭色(たいしゃいろ)とは、代赭石に似た、褐色を帯びた黄色または赤色のことです。赤土は別名「赭(そほ)」ともいい、中国代州で産出する赤土が有名だったことからこの名がつきました。近代になって布地の染色にも使われるようになりました。

-読み:たいしゃいろ-

「黝い木立。百姓家。街道。そして青田のなかに褪赭の煉瓦の煙突」

『城のある町にて』梶井基次郎著。大正四年(一九二五)。

関連色:褐色、黄色赤色

[Explanation of a color]

The Taisha-iro, it is similar to the red ocher, yellow or red to brownish. This name now has the good alias as “Sha”, from red clay to be produced in China cost the province was famous red soil. It is now also used for dyeing fabric Become a modern.

-read: Taisha-iro-

代赭色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:日本画の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「代赭色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果5件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る