蒲公英色/Tanpopo-iro/#FFE200/

蒲公英色Tanpopo-iro

色の名前Japan Color Name蒲公英色(たんぽぽいろ)
ローマ字RomanizedTanpopo-iro
RGB R:255 G:226 B:000
CMYK C:00 M:10 Y:95 K:00
Web カラーHex triplet#FFE200

色の説明

蒲公英色(たんぽぽいろ)とは、蒲公英 たんぽぽの花に由来する鮮やかな黄色のことです。蒲公英はキク科タンポポ属の総称で、日本の春を代表する草花の一つ。古名を「ふじな」または「たな」と呼ばれ、平安初期の『本草和名 ほんぞうわみょう』にもその名が見られます。 江戸時代には『鼓草 つづみぐさ』と呼ばれており観賞用の他、食用にもされていました。ちなみに「たんぽぽ」の名は室町末期の『言継卿記 ときつぐきょうき』が初出典。

色名としては比較的新しく近代から。蒲公英には白い花を咲かせる品種もありますが、『蒲公英色』といえば春らしい暖かさを感じさせる黄色を指しています。

タンポポ

-読み:たんぽぽいろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

And Tanpopo-iro, it is a bright yellow derived from the dandelion flowers. Dandelion in the generic name of the Asteraceae dandelion genus, one of the flowers to represent Japan in the spring. Called “Fujina” or “Tana” the old name, you also seen its name to “Honzouwamyou” of peace initial. In the Edo period it had also been in edible.

And from a relatively new modern times as the color name. The dandelion is also varieties that bloom white flowers, but refers to the yellow feel the spring-like warmth Speaking of “Tanpopo-iro”.

-read: Tanpopo-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:花の色近代の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「蒲公英色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る