藤黄/Tōō/#F7C114/

藤黄Tōō

色の名前Japan Color Name藤黄(とうおう)
ローマ字RomanizedTōō
RGB R:247 G:193 B:020
CMYK C:00 M:22 Y:92 K:02
Web カラーHex triplet#F7C114

色の説明

藤黄(とうおう)とは、ほのかに冴えた黄色のことです。草雌黄(くさしおう)という植物から採取できる顔料「藤黄」の色にちなんでいます。この色の歴史は古く、奈良時代の文献に「同黄(とうおう)」・「銅黄(どうおう)」として呼び名が記載されています。江戸時代には友禅染で欠かせない顔料として、明治時代では日本画や洋画の絵の具としもて広く使われました。

-読み:とうおう-

関連色:黄色

[Explanation of a color]

The Tōō, it is a dull yellow faintly. I am named after the color pigments can be collected from a plant that female yellow grass of “Tōō”. The history of this color is described nickname as “the yellow”, “yellow copper” in the literature of the Nara period. The pigment which is indispensable in Yuzen in the Edo era, and it was widely used in paints and servants of foreign film and Japanese painting in the Meiji era.

-read:Tōō-

藤黄

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色日本画の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「藤黄」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る