裏柳/Urayanagi/#C1D8AC/

裏柳Urayanagi

色の名前Japan Color Name裏柳(うらやなぎ)
ローマ字RomanizedUrayanagi
RGB R:193 G:216 B:172
CMYK C:11 M:00 Y:20 K:15
Web カラーHex triplet#C1D8AC

色の説明

裏柳(うらやなぎ)とは、柳の葉裏の色からきた色名で淡い黄緑色のことです。『裏葉柳 うらはやなぎ』の別名もあります。

草木の葉裏の色は、表よりも白っぽい場合が多く、とくにくずや柳の葉裏などは古くから特徴的に用いられました。例えば浄瑠璃『芦屋道満大内鑑 あしやどうまんおおうちかがみ』、通称「葛の葉」の中にも、女主人公の葛の葉の詠む、「恋しくば 尋ね来てみよ 和泉なる 信田の森の うらみ葛の葉」の歌の「うらみ」には「恨み」と「裏を見る」がかけてあります。

『手鑑模様節用』などから藍と刈安による淡萌黄染の手法による染め色だと思われます。

-読み:うらやなぎ-

関連色:黄緑、裏葉柳

[Explanation of a color]

The Urayanagi, it is a pale yellow-green in color name came from the color of Howrah of willow. There is also the alias of “Urahayanagi”. If it is whitish than the table is large and the color of the Howrah of vegetation was used characteristically for a long time and leaves the back of the willow and vine waste in particular. For example, even in ballad drama “Ashiyadouman Oouchikagami”, the name of “Kuzunoha”, you read the Kuzunoha of heroine, the song of the “grudge Kuzunoha the forest of Shinoda A Izumi us come ask if I miss” and “Urami” and “resentment” it’s over to “see the back” he said.It is thought that it is a light dye by light green method of dyeing with indigo and from Kariyasu such as “Tekagamimoyousetsuyou”.

-read:Urayanagi-

裏柳

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:染めの色植物の色江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「裏柳」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る