薄藤色/Usufuji-iro/#C7C3E1/

薄藤色Usufuji-iro

色の名前Japan Color Name 薄藤色(うすふじいろ)
ローマ字Romanized Usufuji-iro
RGB R:199 G:195 B:225
CMYK C:25 M:23 Y:00 K:00
Web カラーHex triplet

色の説明

薄藤色(うすふじいろ)とは、伝統色の藤色をより薄くした淡い青紫色のことです。色名が見られるようになるのは江戸時代から。『藤色』は平安の頃より日本女性の着物の色として人気で、その時々で様々な派生色が現れました。染色は紫草と紅花で染められますが、浸している時間や染材の温度変化によって色調が微妙にかわり、そのわずかな色合いごとに『薄藤色』『紅藤色 べにふじいろ』といった色名が付けられました。ちなみに、『淡藤色 うすふじいろ』は薄藤色よりさらに薄い青紫色で、読み方も同じですが別の色名です。 ※『あわふじいろ』とも読まれます。

-読み:うすふじいろ-

藤に関連する色の紹介

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Usufuji-iro, it is a thinner and pale blue purple mauve of traditional colors. Become as color name can be seen from the Edo era. “Fuji-iro” is a popular as the color of the Japan women’s kimono from the days of peace, various derived color appeared at that time to time. Staining will be dyed in Murasakikusa and safflower, soaked change color tone slightly by that time and the temperature change of the dyed material, the “Usufuji-iro” color name such as “Benifuji-iro” is attached to each of its slight tint was. By the way, “淡藤色” is even more thin reading in blue purple is the same, but different color name than Usufuji-iro.

-read: Usufuji-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:染めの色江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「薄藤色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る