若芽色/Wakame-iro/#E8EC98/

若芽色Wakame-iro

色の名前Japan Color Name若芽色(わかめいろ)
ローマ字RomanizedWakame-iro
RGB R:232 G:236 B:152
CMYK C:13 M:00 Y:50 K:00
Web カラーHex triplet#E8EC98

色の説明

若芽色(わかめいろ)とは、植物の若い芽のような淡い黄緑色のことです。早春に生え出て間もない草木の芽の色を「若」と「芽」を重ねて強調した色名で『若葉色』『若草色』『若苗色』など「若」がつく和色の中でも、ひときわ色味が薄く黄色に近い色です。

若芽色は色名としては比較的新しく、近代から使われるようになりました。

ちなみに、英色名では『Sprout スプロウト』、フランス名では『Bourgeon ブールジョン』と呼ばれ、文字通り「芽」の色のことです。

-読み:わかめいろ-

アンリエットは若芽色の皮の手袋をはめ、…

『旅愁』横光利一。昭和十二年(一九三八)刊。

関連する色の紹介

若がつく色の紹介

[Explanation of a color]

The Wakame-iro, it is a pale yellow-green, such as the young shoots of the plant. Sum to arrive is “Wakaba-iro” “Wakakusa-ro”, “Wakana-iro” such as “Waka” the color of the out a recently grass buds grow in color name that has reiterated the “Me” and “Waka” in early spring among the color, it is strikingly color is thin yellow color close.

By the way, in the English color name is referred to as the “Sprout”, it is the color of literally “bud”.

-read: Wakame-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:植物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「若芽色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る