吉岡染/Yoshiokazome/#43341B/

吉岡染Yoshiokazome

色の名前Japan Color Name吉岡染(よしおかぞめ)
ローマ字RomanizedYoshiokazome
RGB R:067 G:052 B:027
CMYK C:76 M:71 Y:73 K:47
Web カラーHex triplet#43341B

色の説明

吉岡染(よしおかぞめ)とは、赤みがかった黄みの暗い黒茶色のことです。兵法家 ひょうほうか剣客 けんかくの “吉岡憲法 よしおか けんぽう” が考案したとされる黒染で、『憲房染 けんぼうぞめ』『憲法染 けんぽうぞめ』ともいわれる小紋染めの方法の一つです。

染や色の名前としては、個人の名を冠した最も古い例であり、江戸前期に日常の衣服の黒として広く愛用されました。

-読み:よしおかぞめ-

関連色:黒茶色、憲法染

[Explanation of a color]

The Yoshiokazome, is a black brown dark yellowish to reddish. This is called the black tea dyed to be tactician of the early Edo period “Yoshioka Kenpou” was devised. Edo era, and it was widely used habitually as black clothes daily. It was some designer brands of Japan first and possibly the oldest example of the name of the color or dyed bearing the name of the person.

-read:Yoshiokazome-

吉岡染

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:人名由来の色染めの色江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「吉岡染」関連の商品

楽天市場での商品検索結果3件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る