藤黄(とうおう)とは?|Too|#F7C114

66日の誕辰和色

藤黄

占い結果

日本語版
特徴1特徴2インスピレーションワード
物に執着がない病院嫌い農作業
英語版(English version)
Characteristic 1Characteristic 2Inspiration Words
not being attached to anythinghospital-phobicagricultural work
中国語版(中文本)
特征1特征2鼓舞人心的话语
无所依附恐院症农活

【インスピレーションワードとは】あなたの直感の元となるワード、閃き、発想が刺激されるワードです。(宣託師:白龍恵子

誕生日の色が知りたい方は⇒「誕辰和色」へ


BIRTHDAY FRAGRANCE

色の説明

藤黄(とうおう)とは、ほのかに冴えた黄色のことです。草雌黄(くさしおう)という植物から採取できる顔料「藤黄」の色にちなんでいます。この色の歴史は古く、奈良時代の文献に「同黄(とうおう)」・「銅黄(どうおう)」として呼び名が記載されています。江戸時代には友禅染で欠かせない顔料として、明治時代では日本画や洋画の絵の具としもて広く使われました。

-読み:とうおう-

関連色:黄色

[Explanation of a color]

The Tōō, it is a dull yellow faintly. I am named after the color pigments can be collected from a plant that female yellow grass of “Tōō”. The history of this color is described nickname as “the yellow”, “yellow copper” in the literature of the Nara period. The pigment which is indispensable in Yuzen in the Edo era, and it was widely used in paints and servants of foreign film and Japanese painting in the Meiji era.

-read:Tōō-

サイト運営者からのお願い

このサイトが気に入った役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天で買い物をする際はぜひ下記のバナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。もちろんその分、高くなるようなことはありません。

いただいたポイントは今後のサイト運営のための書籍代運営費モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。

Post navigation


Pinterestでシェアする際にご利用ください。

藤黄(Too)
別パターンの藤黄画像はこちら

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


タグ:古代の色日本画の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「藤黄」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!藤黄の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る