牡丹(ぼたん)とは?|Botan|#E761A4

418日の誕辰和色

牡丹

占い結果

日本語版
特徴1特徴2インスピレーションワード
価値観重視見た目にこだわらないガイドブック
英語版(English version)
Characteristic 1Characteristic 2Inspiration Words
value-orientedI don't care what it looks like.guidebook
中国語版(中文本)
特征1特征2鼓舞人心的话语
价值导向我不在乎它是什么样子的。指南

【インスピレーションワードとは】あなたの直感の元となるワード、閃き、発想が刺激されるワードです。(宣託師:白龍恵子

誕生日の色が知りたい方は⇒「誕辰和色」へ


BIRTHDAY FRAGRANCE

色の説明

牡丹(ぼたん)とは、春から夏のはじめにかけて咲く牡丹の花びらのような紫紅色のことです。

襲の色目としては、平安時代からありましたが、色名として定着したのは江戸時代になってからのようです。

襲の色目は、「表・白、裏・紅梅」で、女房の衣の場合は、表は薄蘇芳、裏を白の袿(うちき)に生絹単という組み合わせで、4月のあいだ着用された小袖、または袷のひとつを指します。

-読み:ぼたん-

「ぼうたん おもてみなうすきすはう。うらみなしろし。すずしのひとへ」

『満佐須計装束抄』源雅亮著。安元二年(一一七六)以降。

関連色:濃紅、淡紫、白、紅梅

[Explanation of a color]

The Bōtan, it is a magenta-like petals of peony blooming until early spring and summer. The color of the raid, it was from the Heian period, but was established as a color name is like getting from the Edo period. The color of the raid, “table, white, back, red plum” in the case of clothing of the wife, in the combination of raw silk products Tan Uchigi of white thin sappanwood, the back, the table or short-sleeved kimono, were worn during the April I refers to one of the well.

-read: Botan-

サイト運営者からのお願い

このサイトが気に入った役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天で買い物をする際はぜひ下記のバナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。もちろんその分、高くなるようなことはありません。

いただいたポイントは今後のサイト運営のための書籍代運営費モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。

Post navigation


Pinterestでシェアする際にご利用ください。

牡丹(Botan)
別パターンの牡丹画像はこちら

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


タグ:平安の色江戸の色着物の色花の色襲の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「牡丹」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!牡丹の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る