紅鶸色/Benihiwa-iro/#C9396D/

紅鶸色Benihiwa-iro

色の名前Japan Color Name紅鶸色(べにひわいろ)
ローマ字RomanizedBenihiwa-iro
RGB R:201 G:057 B:109
CMYK C:0 M:80 Y:21 K:0
Web カラーHex triplet

色の説明

紅鶸色(べにひわいろ)とは、紅鶸 べにひわの頭頂の羽色に由来する、わずかに紫みをおびた明るい紅色のことです。

紅鶸はスズメ目アトリ科の小鳥で、主に日本北部に冬鳥として渡来します。大きさは雀くらいで頭と胸に鮮やかな紅色を帯びているのが特長です。その鮮やかな色合いは現代でも帯締めなどの小物の色として人気です。

ちなみに、紅がつかない『鶸色』は黄みの強い明るい黄緑色を指しています。

url

-読み:べにひわいろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Benihiwa-iro, it is a dull red grayish. This is the meaning of everlasting spring everlasting spring originally from Changchun, but Han name was brought over from the old China of “Koshinbara” “Chousyunka” and comes from the color of the flowers of this rose is the origin of the color name.

By the way, is called “Soubi” in the Heian era brought over from China, rose has been lovers to nobles as an ornamental. Its name can be seen in the section of the December of two years health insurance Diary of poet Fujiwara Teika of Kamakura era of “bright moon Symbol” and “Choushunka”, but will be the color of the modern as a color name.

-read:Benihiwa-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:染めの色鳥の羽色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「紅鶸色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果4件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る